読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

Google Analyticsリアルタイムのアクティブユーザー数履歴を取る

Google Analyticsのリアルタイムのサマリーにあるアクティブユーザー数はサーバー管理でも重宝します。結構サーバーのロードアベレージと相関あると思います。ただしこれはいつもじっと見続けている必要があります。過去時点の数値が知りたい場合もあるのですがGAではその機能はないようです。

同じようなことを考える人はいるものでGoogle SpreadSheetに記録を取るスクリプトを作っている人がいました。blog.admage.jp

これを参考にやってみたら簡単にできました。APIも整備されていてすばらしいです。

この記事の中でさらっと書いてあって若干わかりづらいところもあったので補足します。「Googleデベロッパーコンソールで有効にする」とありますが、これの実際の手順。

まずスクリプトエディタの「リソース」→「Developer Consoleプロジェクト」→「Developer Consoleを表示」。左上のGoogle Developers Consoleのロゴをクリック。プロジェクトの一覧画面になります。左上の「プロジェクトを作成」をクリック。適当にプロジェクトの名前をつけます。プロジェクトを開いた画面になります。

左上に「プロジェクト:(プロジェクト名)」とあるブロックがあります。これの下向き記号をクリックして開くとプロジェクト番号があります。これを控えるかコピーしておきます。

スクリプトエディタに戻ります。「プロジェクトを変更」と書いてあるところの下のテキストボックスにプロジェクト番号を入れます。「プロジェクトを設定」をクリックします。

プロジェクト画面に戻ります。「アプリに対するGoogle APIの有効化」をクリックします。検索テキストボックスに「analytics」と入れます。検索して出てきた「Analytics API」をクリックします。上にある「APIを有効にする」をクリックします。

その後実際スクリプトを動かすと許可を求めるウィンドウなどが出るので許可します。

仕組みがわかってなくていろいろ試行錯誤したので実際は新規プロジェクトを作らなくてもできそうな気もしますがとりあえず上記でできました。