読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

UATのやり方

システム開発をするときは開発するエンジニアでテストしてそのあとエンジニアでないユーザーがUATを行います。単体テスト結合テストなどは方法論が結構あってホワイトボックステストだとか条件分岐網羅とか限界値分割とかカバレッジとかあります。

しかしUATのやり方はあまりこれといった方法論がないように思います。よくUATしようとすると何をテストしたらいいかわからないということになって結局あまりテストにならなかったりします。一方で他の会社だとものすごく厳しくチェックされる場合があります。

おそらく過去のトラブルからチェック項目を作っていたり、要求仕様からテストケースを作るなど、あるんだと思いますが、それぞれの会社や組織で独自にノウハウを貯めているのではないかと思います。いろんな会社のやり方をまとめて方法論を作ると世の中の役に立つかもしれないなと思いました。