読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

逆算目標は本当に有効か

ビジネスの世界では目標と時期を決めて逆算でスケジュールを考えて実行する、というのがセオリーになっていると思います。でも最近それが本当にいいやり方なのか疑問を感じてきました。

確かにこのやり方は目標もなしに行き当たりばったりやるよりリミットが決まっているので実行にドライブがかかる効果があると思います。スケジュールどおり結果が出せれば目標が達成できます。

しかし弊害もあります。だいたいスケジュールどおりに行かないのでなんとかつじつまを合わせる必要がでてきます。システム開発だったらクオリティを下げたり、売上目標だったら目先だけの数字稼ぎに走ったりといったことをしがちです。リミットの後に悪影響があってもお構いなしにそういうことをしてしまいます。

予想を超える大ブレイクのようなことは、こういうプロセスからは生まれて来るイメージがありません。チームの一人一人が高い自主性を持って、本当の提供価値を追求しているような状態から大ブレイクが生まれるのではないかと思います。いいサービスを実現するほうが期限を守るよりも大事であると、そういう文化の組織のほうが長い目で見て成功するのではないか、という気がしてきています。