読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

すごいエンジニアとは

面接のときによく「今までにやったなかで特に技術的に難しかったことを教えてください」という質問をします。どれだけ難しい問題を解決したか、またその説明がどれだけ技術的に深いかで技術力を見ようという意図です。今ひとつイメージしているような回答が返ってきたことがないのであまりいい質問ではない気がしています。

イメージとは違う様々な答えが返ってくるにつけ、高い技術力とはなんだろうと思うようになりました。すごいエンジニアになりたいと昔から思っていますし世の中にはすごいエンジニアがたくさんいますが、では何がすごいエンジニアなんだろうか。

難しいことができる人がすごい。難しいこととは何か。例えば原因不明のトラブルを解決できること。なんで原因不明なのか。よくよく突き詰めると何が起こっているかの状況把握の手段がなかったり、出ているエラーメッセージが嘘だったりして原因がわからないことが多いです。そうなると原因不明のトラブルを解決できることは、勘がいいということになります。それはリスペクトすべきスキルなんだろうか。

知識がすごく多い人なのか。それは当然あるけどそれだけでもない気がします。

世間ですごいと言われている人たちはどうか。ブログにはすごく面白くてすごい人っぽいことを書いている人でも実際に仕事をしてみるといろいろなスキルがアンバランスで総合力でいまいちだったりします。一方世間的な知名度はないものの技術力高いなあと思う人はたくさんいます。世間ですごいと言われている人はプレゼンテーションスキルや自分を露出させるためのテクニックが上手かったりする面は少なからずあるように思います。

結論はありません。以上です。