山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

WiFiの干渉具合を可視化する

WiFiを使うときは電波の干渉に気をつけないといけません。WiFiには2.4GHzと5GHzの2種類の周波数帯があります。そしてそれぞれの周波数帯の中にチャンネルがあります。2.4GHz帯の場合はチャンネルどうしが近いので5ch離すのがよいとされています。5GHzの場合は各チャンネルが離れているので隣同士でも干渉することがありません。これらがバッティングすると干渉してWiFiの通信が不安定になります。

WiFiは物理LANと違って目に見えないので通信が不安定なときになかなか調べにくいものがあります。物理LANならケーブルが抜けているとかコネクタが取れかかっているとか断線しそうになっているなど見てわかります。WiFiはそうはいきません。そこでツールを使って視覚化します。

一番良くできたツール、かつ無料のものは、Androidの「WiFi Analyzer」です。周波数ごとにそれぞれのSSIDの電波の強さ、使っているチャンネルがグラフ化されます。すばらしくわかりやすいです。オイシックスのオフィスでは2.4GHz帯は近所のホテルの電波やら駅前にあると思われる携帯会社の電波で悲惨な状況でした。5GHzは空いていました。