読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

ルールとは

ブログ
社会にはいろいろなルールがあって社内にも、オイシックスのシステム部門にもいろいろなルールがあります。ルールというと守るのが面倒とか縛られているというような悪いイメージを持つ方も多いかもしれません。私も基本的にはルールは破りたいほうです。

なぜルールがあるのかというと、だいたいは過去の失敗に基づいて、同じ失敗を繰り返さないために作られています。ということは、ルールを破れば過去起こったトラブルがまた起こってしまうということになります。平常時だったらルールを守る人でも緊急時になるとルール違反してしまう場合があります。夜、他に人がいなくなったときに他の部門でトラブルがあって対応を迫られたときによくあります。こういうパターンが最も危険です。せっかく人を助けるつもりでやったことが逆にいろんな人に迷惑をかける結果になることがあります。

システム担当でない人の場合はシステム機能で権限を制限することでルールを強制できます。しかしシステム担当の場合はどうしても権限を制限できない場合があります。権限の設定変更ができる人は自分に権限を与えることができます。したがってルールで制御しなければならない場合があります。だからこそルールを遵守する意識を人一倍高く持つ必要があります。

稲盛和夫さんは、「実学」の中で「人に罪をつくらせない」と言っています。人の心は弱いので、真面目な人でも魔が差してしまい、罪を犯してしまいます。これは管理に油断があったためにつくらせてしまった罪でもある。ダブルチェックの話ですがルールについても同じことが言えると思います。ルールは人に罪をつくらせないためのものであり、ルールを遵守することは自分自身を守ることでもあるのです。