山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

蓋然性のある事業計画

一般的に事業計画は蓋然性がないといけないとされています。しかし最近どうも逆なんじゃないかという気がしてきています。

蓋然性のある計画というのは実現する確度の高い計画です。確度を高くするには結果が予想できる打ち手を選択することになります。そうなると今までやったことがないことは選択肢から外れ、やったことがあること、社外で実績のあることをやることになります。

しかしそれでは確度は高くなるかもしれませんが予想を超える大成功は望めません。無難な感じの小ヒットがせいぜいです。

事業が大成功するのは、できそうにもないことを実現したときです。他の誰もやったことがないことを成し遂げたときです。そういうものは、やる前の時点では蓋然性は全然なかったに違いありません。オイシックス事業もそうです。そもそもネットで買い物をする人が少ない中、主婦も皆無。インターネットも一時の話題で消えるかもしれない存在でした。そんな中やってきたので今があると思います。今も大成功とは言えないとは思いますが。

単にできそうにもないことだとただ無謀なだけなので、他にもポイントがありそうです。それは多くの人々が困っている問題を解決するものであること。あるいは多くの人々が強く求めるようになりうるものであること。実現したら世の中変わるよね、でも実現は相当難しいよねというものが本当にポテンシャルのある事業だと思います。それとできそうにもないにも関わらず絶対できるんだ、実現したい、しなければならないという強い思いでしょうか。