読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

Ocadoのスマホアプリ

ブログ
数年前にOcadoのスマホアプリを紹介しました。Ocadoはイギリスのネットスーパーで、ネット専業としては世界最大規模と思われるものです。

最近アプリを考える参考のためにまたインストールしてみてそのときは何か意外と変わっていない印象を受けました。しかし今日実際にイギリスに住んで利用されている方にお話をうかがう機会があり、表に出ないところでかなりいろんな作り込みがあることが判明しました。

まず商品検索機能が充実しています。買ったことがあるものが一番上に出ます。その下に割引品。その後にそれ以外の検索結果となっています。よく買うものは決まっているのでこの順序が便利です。さらに、検索ワードを途中まで入れた段階で出てくるサジェストワードも過去の履歴によって順序が変わっているように見受けられました。

また合わせ買い機能もユニークです。ある商品と、組み合わせて3品買うと7ポンドといったようになっていてレシピ的なつながりのある商品リストが提案されます。

到着時間を選択するところでは時間帯のリストの横にトラックのアイコンがあり、紫と緑があります。緑は近くに配送する予定があるからその時間にすると環境によいという意味とのことです。ユーザー視点でわかりやすいし緑を選ぶといいことをした気分になります。もちろんOcado自体の収益にも関係あるのでしょうが、うまい見せ方です。

チェックアウトが完了してから買い忘れありませんか?お気に入り商品からのおすすめはいかがですか?新商品をためしてみませんか?といろいろおすすめがあります。完了してからのおすすめというのがユニークです。ユーザー視点で見てもまずいつも買うものを忘れず買ってそれから買ったことがないものに視野を広げるという順序になっているのは合理的です。

商品ごとにuse by dateというものが表記されています。この野菜は到着後何日以内に食べてくださいという表示です。納品書はこの日数が短い順にソートされています。今日の人の話によると法律でそういう表示が義務づけられているのではないかということでしたが、鮮度がいいうちに食べてくださいねというメッセージにも見え、鮮度への自信であったり、おいしいうちに食べてほしいという気遣いが感じられます。

総じてユーザー視点でよく考えられていると思いました。やはりユーザー視点は大事です。