読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

使う人の気持ちになる

アプリの企画をやっていて改めて使う人の気持ちになることが大事だなと感じています。

企画を始めるにあたって最近の人はどういう順序でページを見て注文しているか知る必要があると思い、アクセスログを見たりしましたが今ひとつなぜそういう順に見たか、何を考えながら見たか疑問が多く、実際に目の前で注文してもらって見てみることにしました。やる前は他の人はなんでやるんだろうという反応でしたが実際にやってみてだいぶカルチャーショックを受けていました。私もお客様の予想外の行動に改めてびっくりしました。いかに使う人の気持ちを考えずにサイトを作っていたか思い知らされます。

UXとかよく言われますがwebのページ作りはもちろん他のいろんなことはみんな使う人の気持ちになることが大事ということは共通していると思います。宣伝にしてもそうです。これを見せたいという気持ちだけでごり押ししてもいい結果につながりません。見る人の気持ちになってささるものを考えられるかどうかです。対面営業にしてもそうです。売りたいものをしつこく売り込んでもどんどん拒否されるばかりです。クライアントは何に困っていてこちらの持っているものでどうやって解決できるか提案することが大事です。交渉にしてもそうで相手の出方をいかに考えられるかで成功するかどうかが決まります。

では使う人の気持ちになるにはどうしたらよいかというとウェブやアプリの場合はユーザビリティテストが一番有効です。積極的に活用してみましょう。