読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

MS Officeの呪縛

MacだとLibre OfficeがWindowsよりも崩れるような感じがします。よく考えたらフォントが違います。これは結構致命的で、どんなにソフトががんばって再現性を上げても全く同じにはできないことになります。
今日Mac版のOfficeを入れました。これでMS Pゴシックなどが入ったのでLibre OfficeでもMS Officeにより近くなりました。

MSは今でも稼ぎ頭はMS Officeのようです。個人でも企業内でもMacのシェアが上がってきていますが特に企業内ではフォントの問題でMS Officeを使わざるを得ません。そうなるとMacのシェアが上がってもMSの収益は安泰です。

Macでも無料でMS Pゴシックなどを使う方法あるようです。しかし裏技的で正当な方法かどうかはグレーです。

Mac OS X 10.9 Marverics、Windows8.1から両方にデフォルトで同じフォントが入るようになったそうです。「游書体」というフォントだそうです。みんながこれを使うようになればMS Officeの呪縛から逃れられるかもしれません。でも過去のファイルがたくさんありますし企業内では以前WindowsばかりですしWindows8.1も多くないですから普段使うファイルの大部分が游書体になるには何年もかかることでしょう。