山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

なぜコンピュータは重くなるのか

最近会社のPCが重くなってきました。

いつも買ったばかりのときは早いのですが

数年使っていると徐々に遅くなります。

最近ではサクサクだったFirefoxが激しく

もっさりです。


もうすぐ寿命のWindows XPもそうでした。

出たばかりのときはメモリ128MBでも

動くけど256MB以上推奨と言われていました。

ブートが高速化したのも売りでした。

NTや2000に比べてものすごく速くなった

と思いました。

しかし今ではメモリは2GBでは足りないと

言われます。

さっきXPのPCを立ち上げたところ、ものすごく

時間がかかりました。


要因はいくつか考えられます。

1つはHDDの劣化。ちゃんとベンチマークした

ことはありませんが、多分あると思います。

あとはインストールされているソフトが

リソースを食うようになっているという

こと。

アンチウイルスなどが典型で、メモリを

食うしブート時に時間がかかるのもこれが

起動しているので遅くなっています。

最新スペックだとそこまで気にならない

ですが、3年以上前のマシンだと遅いと

感じます。


しかしそれだけでは説明がつかないほど

遅くなったと思います。

Windows再インストールすると早くなったり

するからOSにも長年使っていると遅くなる

要因があったりするのでしょうか。