山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

節税

消費税が今度上がるので節税が

少々気になってきますが

節税って本来どういう意味がある

のか考えてみたいと思います。


そもそも税金というのは放っておくと

誰もやりたがらないけどみんなにとって

必要なことを、みんなから少しずつお金を

集めてやりましょうというものです。

例えば道路の整備などがあります。


個人や法人の立場だと節税するとその分

手元に余分なお金が残ります。

しかしみんなが節税するとどうなるでしょう。

税収が減るので公共サービスの提供が

難しくなります。

そのため税率や基準を変えて税収を確保

することになります。

つまり結局節税前と同じくらい税金を

払うことになります。


例を挙げるとすると発泡酒があります。

酒税は麦芽率をもとに決められていたので

麦芽の使用を減らして税金があまりかからない

ビールを開発しましたが、発泡酒が普及

すると酒税が改訂されて課税対象に

なりました。


そんな努力をするなら本質的に商品の価値を

高める努力をしたいものです。


つまり節税は社会的に無駄な努力なので

そのエネルギーを有益なことに使ったほうが

よいということです。