山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

システムのマニュアル

社内業務システムには昔から

操作方法のマニュアルがあります。

伝統的に今もきちんと作っている

ケースも多いと思います。

しかしこれは今後なくなっていった

ほうがよいのではないかと思います。


コンピュータの表現力はどんどん

上がっています。

社内業務システムもウェブベースが

多くなっていると思います。

ウェブはもともとドキュメントの仕組み

ということもあり、マニュアルとシステムが

一体化することが可能だと思います。

つまり説明書を作るくらいなら画面に

書いてしまったほうがよいということです。

大昔のメインフレームの端末は画面に

表示できる文字数が非常に少なかった

ので別途紙のマニュアルが必要でした。

しかし今は状況が変わったので同じことを

続ける必要はありません。


ユーザーにとってもマニュアルを読んで

からでないと使えなかったり、

操作しながらマニュアルを見たりするより

何も読まずに使えたほうが便利な

はずです。


しかし実際にそうしようとすると

ユーザーからマニュアルを求められる

ことがあります。

どうしてマニュアルが欲しいのか

つきつめるとユーザビリティ向上の

ためのヒントが見えてきます。

例えば、一連の画面遷移を知ってから

でないとボタンを押すのが怖いという

ことがあります。

だったら全部の画面を縦につなげて

ボタンを押すと何が起こるか説明を

書いておけばよりよくなるはずです。

といった具合です。