山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

MS Accessの弊害

オイシックスでは社内でMS Accessを使い倒して

います。

こんなに活用している会社は珍しいと思います。

マイクロソフトにお礼状をもらいたいほどです。


さてそんな便利なMS Accessですが使い方に

よってはいろいろな弊害があります。

例えばある人が便利ツールを作ってチーム内で

使うようになりました。

その人は異動したり退職してしまいいなく

なりました。

その後何年か経って重くなって動かなくなったり

他のシステムの仕様変更によって動かなくなったり

しました。

そこでシステム部に連絡が来たりするのですが

見ても中身がよくわからない。

いつ誰が何のために作ったというところから

わからない。

クエリが何重にもなっていて複雑にからみ

あっている。

コードがいろんなところに埋め込まれていて

どこで何の処理が行われているかわからない。

どのタイミングで何が動くのかわからない。


一部はアクセスに限らずエンドユーザー

コンピューティングの弊害です。

ドキュメントもなくレビューもなく

ちゃんとした手法のテストもされていない

ので作った人以外わからない。


あとはアクセスそのものの特徴。

あえて問題と言わず特徴と言います。

なぜならアクセスはそもそも個人用ツール

だからです。

それを複数人で共有するから問題が起こる

のです。

作った人が自分で作って動かないときは

自分で直すのです。

だったら自分だけわかれば問題ありません。


つまりMS Accessの正しい使い方は、自分で

作って自分で使うことです。

他人に使わせるといろいろ困ったことが

起こります。