山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

システムは2回作れの実例

2回作れというのはウォーターフォールモデルの

原文と言われる

「Managing the Development og Large Software Systems」

の中でDO IT TWICEとして提案されているものです。

原文改めて見てみましたが主にプロジェクトマネジメントの

観点からやったほうがいいという意見のようです。

私自身の考えとしてはいいシステムを作るために

2回作ったほうがいいということです。

それはユーザー観点でも、内部の作りの観点からも

言えます。

作って実際使ってみて初めてどういう画面に

なっているといいのかわかるし、設計も

設計書ではよさそうでも実際作ってみると

いろいろ無理があったりするものです。

オイシックスのシステムも主要な部分は

だいたい作り直していますし、それも

作り直したいくらいです。


システム開発では手戻りは悪とされていますが

そういう考えはやめたほうがいいと思います。

手戻りしないために机上の空論のような設計の

おかしなシステムを我慢して運用保守し続けないと

いけなくなってしまっていませんか。


昨日のTwitter4Jの例は2回作れのいい例だと

思います。

1回作って初めていろいろ変えたほうがいい

ことがわかって作り直していいシステムになる

という。