山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

ITエンジニアのイシューアナリシス

イシューアナリシスという手法の私の認識を

以前のエントリで書きました。


実はITエンジニアは特定分野のイシューアナリシスを

昔からやっていると思っています。


例えばプロジェクト管理で使うWBS

1つのプロジェクトをブレイクダウンしていくのは

ロジックツリーと同じ要領です。


また、構造化設計という手法があります。

これは手続き型のCOBOLのような言語での設計手法で

オブジェクト指向ではあまりやりませんが、これも

1つのシステムをブレイクダウンしていきます。


こういった具合なのでロジックツリーを作るところは

意外とITエンジニアならなじみがあるかもしれません。


大きく違うところはシステムの場合ブレイクダウンに

あまりバリエーションがなく正解は決まっているような

ところがあります。

1つのイシューを上から順にブレイクダウンして最後まで

ブレイクダウンできればおしまいです。


イシューアナリシスのロジックツリーは違います。

もっと柔軟で正解は何通りもあります。

ブレイクダウンしていってどこにもあてはまらない

仮説があったら上流に逆戻りして分け方を変えたりします。


この柔軟さはシステム設計とは根本的に頭の使い方が

違いますので、そこに注意すればよい

イシューアナリシスができるでしょう。