山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

ダイエットの秘訣

以前スマホダイエットというエントリを書きましたが

その後も順調に体重が落ちています。

すっかりダイエットをマスターした気になっています。

調子に乗ってダイエットの秘訣について書いてみようと

思います。


今までの経験上、よく言われているように

全ては「摂取カロリー - 消費カロリー」をマイナスに

することだと思います。


運動はしたほうがいいと思いますが、よっぽど

激しくやらない限り、ご飯を大盛りにできるとか

ちょっとしたおかずを1品増やせるとかその程度です。

カロリー気にせず食べたらどんなに運動しても

カロリーオーバーになります。


筋肉をつけて基礎代謝を上げるという説もありますが

筋肉1kg増えることによる基礎代謝量は13kcalだそう

です。

体重を落とすどころか筋肉が増えた分体重が増える

感じです。


自分の経験としても運動で体重が減ったことは今まで

ありません。

ただ、健康維持に必要かなと思って軽い運動はしています。


「摂取カロリー - 消費カロリー」をするにあたっての

ポイントは、カロリー計算をちゃんとすることです。

振り返ってみると今までこれができていませんでした。

外食でカロリー表示がないところだと、だいたい

見積もりが甘かったと思います。

重さを計りながら自分で料理をするとこのへんの

見積もりがわかるようになってきます。

またお菓子や間食もだいたいの計算だと甘くなりがちです。

もれなく記録をつけると甘いことがよくわかるように

なります。


それから食事のメリハリをつけること。

一時期低カロリー食品だけで生活をしたことがあります。

最初は野菜・魚ばっかりの食事でもおいしいものが

多くて全然大丈夫と思ったのですが、次第に炭水化物や

油や肉が無性に食べたくなり、食べてしまいます。

食べてもすぐには体重が増えないので、太らない

体質になったのかと思って徐々にこってりがっつりな

食事が増えていきます。

そうすると時間差で1か月くらいして体重が増えてきます。

そしてリバウンドして元の体重よりも増えてしまいました。


今はタンパク質をしっかり摂るようにしています。

できるだけ肉を食べるようにしています。

炭水化物も適度に摂ります。

たまにがっつり食べて1日1食にしたり、1食がっつりで

夜はスープ・野菜だけにするといったふうにもします。

翌日の摂取カロリーを減らしてバランスを取ることも

あります。

そうすると続けることができるようになります。


肉は油の量によりカロリーが大幅に変わります。

もともと脂身が少ないささみなどを食べるとか

脂身や鶏の皮を残すなどすると肉を食べても

カロリーを抑えられます。


甘いものは基本的にNGです。

でも最近はゼロカロリーの飲料やゼリーがあります。

フルーツもクッキーやチョコレートよりは低カロリー

です。

そういったもので満足しましょう。


何かの参考になれば幸いです。