山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

手戻りは悪ではない

この業界では一般的に手戻りは悪いものと

とらえられていると思います。

ビジネスにおけるシステム開発

ビジネスなので一定の期間内に結果を出さないと

いけません。

手戻りがあるとその期間に間に合わなくなって

しまうので、手戻りが悪いものと考えるのは

ある意味で自然です。

しかし実際には全く手戻りなくシステムが

できることはまれです。


なおここで言う手戻りはレビューによる修正の

ことも含みます、というか、主にそのことです。

レビューによるやり直しは少なければ少ないほど

よいのですが、悪いことかというとそうでは

ないと思います。


設計にしてもソースコードにしても一度でうまく

できると考えないほうがよいと思います。

他人の意見をもとに議論してもんでいい設計に

なりますし、ソースコードも1度でうまくは作れず、

1回組んでみてはじめて全体がうまく設計できて

2回目にそれなりによい形で作れるのです。


ビジネスなので一定の期間に結果を出す、というのは

どうするかというと、それぞれの工程で手戻りする

分をあらかじめ見積もっておけばよいのです。