山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

海外進出の先にあるもの

海外進出がブームです。

ネット系の会社でもそうじゃない会社でもこぞって

海外進出を進めています。

日本では人口の伸びが止まり高齢化も進んでいます。

国内のマーケットは成長していません。

一方アジアやBRICSなど海外では経済成長が著しい。

物価の格差もあり、円高もあって輸出が非常に不利。

そうなると海外に進出しよう、というのは自然な発想です。

では海外進出が進むと何が起こるのか。

今読んでいる本にそのヒントが書いてありました。

米ITT(元・国際電話電信会社)では1960年当時海外の売上比率が

80%を超えるほどになっていたそうです。

そんなときに子会社のキューバ電話会社がカストロに接収され

大打撃を受けました。

そこでITTは米国での売上比率を上げるためにさまざまな

事業買収を進めていきます。

つまり何かというと海外事業の比率が高くなるとそれぞれの国の

経済事情や政治情勢の影響を受けやすくなるということです。

海外に事業展開する場合にはこういったリスクを予見して

回避策を用意しておく必要がありそうです。