山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

相手がどう思うか考える

ロジカル・シンキングという本の最初だけ読みました。

何かを伝えたいときは、自分が思っていることをどう伝えるか

を考えてはいけません。

相手がどう思うかを考える、と書いてありました。


なるほどビジネスでもなんでも全般的にそうだなと思いました。

システムを作るとき自分が作りやすいとか自分が使ってみたい

技術を使うとかばかり考えていると使う人に満足してもらえる

いいシステムはできません。

使う人がどういうシステムだったら使いやすいかよく調べて

考えることが必要です。

開発依頼があったら、依頼している人はつまるところ何がしたい

のかよく理解する必要があります。

依頼されたとおり作ったのに、思っていたのと違うとか言われる

ことはよくあります。

本当にやりたいことをよく理解していれば依頼されたものでは

解決されないことに気づいて違う提案をすることもできるでしょう。

交渉もそうです。

自分の要求だけを一方的に主張しても決裂して何も得られず終わる

だけです。

相手にメリットがあるオファーを出すかわりにこちらのメリットを

引き出すことが交渉のコツです。