山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

それは自分の仕事じゃないから

ときどきこういうことを言う人がいます。

こういう発言は全くナンセンスです。

自分の仕事は一体誰が決めているんでしょうか?

会社には多くの人がいます。

多くの人が動くには仕事を分割して割り振らないといけません。

そこで役割分担が生まれてきます。

それぞれの担当者が分担を決めているわけではありません。

何かの法律や業界の慣例によって決まるものでもありません。
(基本的には)

担当者それぞれが勝手に自分の仕事の範囲を限定すると、誰も

担当しない部分が出てきます。

そうなると、組織全体としてやらないことが行われなくなる

ということになります。

組織全体としては必要な仕事が全て行われれば誰が行うかは

問題ではありません。

これを担当者の視点でとらえると、組織の目標の達成のためには

何でもするという姿勢が必要ということです。

役割分担は全体で分業するために便宜的に決めているに過ぎないので

誰にも属さないところがあれば進んで仕事を引き取るのが望ましい

のです。