山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

問題提起で終わらない

エンジニアの人に多いような気がしますが問題提起だけする

場合があるように思います。

このままにしておくとサーバーがダウンするリスクがあります。

とか

これをやるとここのところに影響がある可能性があります。など。

私も昔はそうでした。

問題提起は何もしないよりましですが、そこで終わっては

もう一歩です。


昔私は飲食店向けの事業立ち上げのオペレーション構築を担当

していたときのことです。

飲食店向けにやるときには前日発注翌日納品でないと使って

もらえないという制約があり、実施しました。

その結果、足りなくならないように多く発注しなければならず

余って廃棄する量(ロス)が格段に増えてしまいました。

それを知らせないといけないと思い、社長も参加している定例

ミーティングにロスが増えている状況を報告しました。

そこで社長に言われたのが「ロス減らす気あるの?」

私はオペレーション構築の担当で、もう1人は売り上げを増やす

担当です。ロスを減らすのは私の責任です。

ロスが増えていることを報告するだけでなく、増えているから

こうやって減らすというプランを持っていかなければならないと

いうことに言われて気づいたのでした。


問題提起だけでなく、解決策まで考えて持っていく必要があります。

自分の担当の範囲では解決できないかもしれません。

でも本当に自分の範囲でできることはありませんか?

自分の範囲で解決できなかったら、自分の範囲を超えてでもどこに

原因があるか探って解決策を考えるまでできれば素晴らしいです。