山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

ddコマンドによるOS移行

ddコマンドでOS移行してみました。
思ったより簡単にうまくいきました。

・サーバーの概要
Dell SC440
CentOS4.4
ミラーリング
TomcatOraclesamba

・移行の概要
全く同じモデルの予備サーバーに移行します。
ただし、ディスクは新しいものに換装します。

・準備
knoppixのDVDを準備します。
KNOPPIX日本語版
knoppixのサイトからisoファイルをダウンロードします。
Windows7では右クリックでisoイメージをDVDに書き込めるようになって
非常に便利です。

・手順
元のサーバーでOracleをシャットダウン。
USB外付けHDDを接続/var/log/messageを見てデバイス名を確認。
mountします。
MBRを書き出す。
# dd if=/dev/sda of=/mnt/usb/mbr bs=512 count=1
必要なパーティションをddで書き出す。
# dd if=/dev/sda3 of=/mnt/usb/boot
# dd if=/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 of=/mnt/usb/root
USBのHDDをunmount。

HDDを外して予備サーバーに接続します。
予備サーバーにknoppixのDVDを挿入して起動します。
USBのHDDをマウントします。
fdiskで元のサーバーと同じようにパーティションを作成します。
ddコマンドでリストアしていきます。
# dd if=/mnt/usb/mbr of=/dev/sda bs=446 count=1
# dd if=/mnt/usb/boot of=/dev/sda3
# dd if=/mnt/usb/root of=/dev/VolGroup00/LogVol00
シャットダウンし、knoppixのDVDと外付けHDDを外します。
起動します。
見事OSが立ち上がりました。
TomcatOracleも難なく動きます。