山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

食の安全の本質

気がついたらほとんどITのことしか書いていません。

一応食品の会社なんで、たまには食品のことも書いて

みようと思います。


オイシックスはご存知のとおり、食の安全を1つの

提供価値としています。

一口に安全と言っても突き詰めるとなかなか難しいもので

どこまでは安全でどこからはNGとするかということは

常に社内で議論されています。

食品添加物や遺伝子組み換えは無条件でNGかというと

そういうわけではありません。


安全性を無視して乱用することは好ましくありません。

避けるべきです。

しかし安全性を確認のうえで適切に利用すれば食をより

豊かにしてくれるものであり、また今後世界の人口が

増加したときに起こると予想されている食糧不足を

解決してくれる技術でもあります。

農薬や化学肥料も同じ。

世の中には変に毛嫌いする人もいるし、不安をあおって

金儲けしようとする人もいます。


では本質的に何が違うかといえば、作る人がどれだけ食べる

人のことを考えているかということだと思います。

商業主義に走って安全性を無視して(本当は危険だとわかって

いるのに理屈をつけて安全だということにして)農薬や添加物を

使うということは避けなければなりません。

食べる人のことを考えれば過度に農薬を使うのは避けようと

いう発想になるのは自然なことだと思います。

オイシックスの食品は安全であるとともにおいしくもあります。

安全性にこだわる生産者はおいしさにもこだわる場合が多い

ものです。

それはやはり食べる人のことを考えているからだと思います。


オイシックスの安全基準の基本的な考え方は

「作った人が自分の子供に食べさせられるかどうか」

です。

まさに食べる人のことを考えているかどうかということですね。