山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

自動販売機ではオブジェクト指向はわかりません

オブジェクト指向がはやり始めたころは、よく自動販売機で

例えるような解説書がありました。

あれではわかってる人しかわからないですね。

書いてあることはわかるんですが、さてじゃあプログラムを

作りましょうとなったときに、どうやって作っていいか

さっぱりわかりません。

今でもそんな本や記事があったら華麗にスルーしましょう。

自動販売機とかテレビのプログラムを作ることなんて

ないですからね。


Webアプリケーションでオブジェクトとしてとらえられるのは

まずドメインモデルやエンティティ。

つまり顧客や商品や受注や書き込みなど。

また、画面に表示されているモノもオブジェクトとしてとらえ

られます。ボタンや画像、パーツなど。

これらはJavaのオブジェクトではなくカスタムタグになったり

JavaScriptのオブジェクトにすることもあるかと思います。

他にはメールやファイルなどもオブジェクトとしてとらえられます。