山下寛人オフィシャルブログ

オイシックス株式会社 執行役員 システム本部長 山下寛人の公式ブログです。

内製へのこだわり

オイシックスは基本的にシステムを内製しています。

立ち上げ当初は赤字で、たまたま作れる人もいたので内製していました。

その後も内製し続けています。

今度二子玉川に新しい実店舗をオープンします。

そこでiPadアプリを作ることにしました。

これも内製しました。


ある程度利益が出るようになってから、外注することで開発を増やせないかいろいろ試行錯誤しました。

しかし結局内製のほうがいろいろなメリットがあり、むしろより内製していく方針です。


なぜ内製するのか?

内製のメリットをいくつか挙げてみようと思います。

早い。

見積もり、選定、稟議、契約などの手続きがないのですばやく意思決定して動けます。

ミッションで仕事ができる。

外注さんにお願いできるのは開発だけです。

でも実際にはいろいろな判断であったり、本番サーバーの操作など責任を伴う作業などいろいろ開発以外の仕事があります。

社員ならそういう仕事もひっくるめて○○を実現する、というミッションで任せることができます。

ミッションで仕事をしたほうがモチベーションも高くなります。

間接コストが不要。

早い理由にも挙げましたが見積もり、選定などは間接的なコストでもあります。

また外注した場合は、外注さんにやりたいことを伝えたり、ちゃんと伝わったか資料を見て確認したりなどいろいろな手間がかかります。

作り方を知っているからこそ考えられることがある。

やはりイノベーティブなことを考えるには、作り方を知らないとできない部分があると思っています。

iPadアプリのようなものは外注している会社も多いと思いますが、内製したのはそういう理由です。

オイシックスのエンジニアはこれから全員IOSAndroidFacebookアプリのどれかを必ずできるようにしようと思っています。


そういうわけで、オイシックスはシステムの内製に力を入れています。